8月 20

三交イン名古屋錦「生産性が上がり、一杯のコーヒーを飲む時間と心の余裕が生まれました」

TOPICS

  • 競争が激化する中で、料金設定の方針が定まらない課題があった
  • MagicPriceを参照することで、日々の料金設定に根拠を持てるようになった
  • 全スタッフで活用し、施設のレベニューマネジメントレベルを上げていく

 

名古屋随一の歓楽街や地下鉄駅が近いことから昼夜多くの人で賑わう名古屋錦エリア。今回は最上階に見晴らしの良い展望ラウンジや温泉浴場を有し、泊まる人を癒してくれると評判の三交イン名古屋錦~四季乃湯~をご紹介します。

  • 施設タイプ:ビジネスホテル
  • 客室数:149室
  • 地域:名古屋錦

こちらの施設で2年前から支配人を務める小川哲也さんと、名古屋担当マネージャーの竹内真哉さん(写真中央)にお話をお伺いしました。

競争が激化する中で、料金設定の方針が定まらない課題があった

―自施設を取り巻く環境について教えてください。

名古屋錦エリアは新規施設の建設やオープンが相次ぎ、それに伴う価格競争が日々繰り広げられる激戦区です。さらに、宿泊需要を読むためには名古屋駅周辺まで視野を広げる必要があります。名古屋市全体の宿泊需要として、まず名古屋駅周辺が埋まり、次いで名古屋錦・栄エリアが埋まるためです。ところが、インバウンド需要の増大に伴い名古屋駅周辺エリアの宿泊施設も増加してきたことで、宿泊需要が名古屋錦・栄エリアまで及ばない日も出てきました。それに加えて、同エリア内に新しくオープンした施設に需要が流れてしまうことも多く、当施設は料金を下げてでも稼働を確保する運営になりがちでした。

― 『MagicPrice』導入前はどういった課題がありましたか?

小川支配人:自分自身の中で料金設定の方針が定まっていなかったことが課題でした。私は名古屋錦の前に豊田の施設で勤務していたのですが、市場の様子は全く違いました。豊田はビジネス需要が高く、それに比例するように高い稼働率・リピート率を連日維持していました。当時は変動制の料金設定の必要性を感じないくらいでしたね。

ところが、新たに赴任した名古屋錦の施設では、市況を読みながら臨機応変に料金を変動しなければ機会損失してしまいます。稼働と単価のバランスを保つことを意識しながら日々料金設定していましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。これまでの自分の料金設定の経験が全く通用しない中で、料金設定の方針を決めなくてはならない状況に頭を抱えていました。

竹内マネージャー:名古屋錦・栄エリアはここ1~2年で競争の激化が進みました。その状況の中で小川さんと試行錯誤しながら料金設定を行なっていましたが、それでも目標に届かず悔しい思いをすることがありました。そのような状況が続き、当施設にとっての「適切な」料金の基準が崩れつつありました

MagicPriceを参照することで、日々の料金設定に根拠を持てるようになった

― MagicPriceを導入した後、料金設定業務に変化がありましたか?

小川支配人:日々の料金設定に、根拠を持って判断できるようになったことが大きな変化です。以前は市況の理解が足りなかったために、なぜその料金で販売するのか明確な根拠を持てないまま、独自の判断で販売していました。

MagicPrice導入後は、推奨ランクや市場の情報がまとまったグラフを参照し、根拠を持った上で日々の料金を決定できるようになりました。以前は直近2週間の料金設定に40~50分かかっていましたが、今では15~20分程度まで短縮されました。日によっては、注力して料金設定する日にちが多いために時間がかかることもありますが、生産性は上がっていると感じています。

一度に料金設定や更新をすることができる期間が長くなり、これまでと同様に料金設定業務に十分な時間をかけながらも、時間当たりの生産性が向上していると感じます。

― 現在もお一人で料金設定を担当されているんでしょうか?

小川支配人:自分の中でMagicPriceの活用方法が確立されてきたため、自分以外のスタッフにもMagicPriceを触り始めてもらいました。これまで料金設定業務に関わっていなかったスタッフも、MagicPriceを通して少しずつ業務に慣れ始めています。業務の効率化や他のスタッフの教育が進んだことで、朝の引き継ぎ時間も短くなりました。フロントに立つ前に、朝一杯のコーヒーを飲む心の余裕が生まれたことが何より嬉しいです。

― MagicPriceをご利用になる中で、空からのサポートはどんな印象ですか?

竹内マネージャー:導入以降も、定期的にご連絡いただいているため安心です。こちらからご質問する際もすぐに対応していただいています。また、導入前に想定していたよりも、担当の小川支配人がMagicPriceを使いこなしているのは嬉しい誤算でした。今後他のスタッフが利用する際も、積極的にサポートを活用していこうと思います。

全スタッフで活用し、施設のレベニューマネジメントレベルを上げていく

― MagicPriceのどのようなポイントを気に入っていますか?

小川支配人:やはり一番のポイントは、視覚的にわかりやすくまとまっているグラフですね。日々料金設定を行う上で、情報分析のために必要なMagicPriceのグラフは手放せないものになっています。もちろん推奨ランクも参考にしていますが、なぜこのランクになっているのか自分で考察を進めるためにもグラフの分析が必要です。中でも特に、市場の在庫を分析できるグラフがお気に入りですね。時間があれば先の日付でもグラフを眺めて分析しています。

― 今後の施設運営の抱負について教えてください。

小川支配人:まずは、毎月の目標予算を着実に達成していくことが目標です。厳しい市場の中で、あと一歩で予算達成に届かないという月もあります。そのため、目標達成の喜びを全スタッフで分かち合いたいという思いが強いですね。いずれは、自分がMagicPriceから得た知識や活用方法をどんどん他のスタッフへ伝えて、全スタッフで活用し、施設全体としてレベニューマネジメントのレベルを上げていきたいです。

竹内マネージャー:導入から数ヶ月が経過し、施設運営の中心を担う小川がMagicPriceを使ってレベニューマネジメントを着実に前に進めてくれています。最終的には他のスタッフを含めた全員がMagicPriceを活用することで、レベニューマネジメントレベルの底上げを図っていきたいです。

 

 

カスタマーサクセス担当田邉のコメント
地下鉄栄駅・地下鉄久屋大通から徒歩3分と絶好の立地にある三交イン名古屋錦〜四季乃湯〜。人工光明石温泉が疲れた体を癒してくれます。
小川さんはMagicPriceのグラフから料金設定に必要な情報を抽出し、分析してくださるレベニューマネジメント担当者の鑑のような方です。小川さん以外のスタッフの方にもしっかりとMagicPriceをご利用いただけるようにサポートして参ります。

 
Pocket