6月 24

京都セントラルイン「スタッフ全員で活用し、料金設定の頻度が数日に一度→毎日に改善」

TOPICS

  • 競合ひしめく市場で先手を打つ手段として導入
  • スタッフ全員でMagicPriceを活用
  • 料金設定の頻度を改善し、機会損失を防ぐ

 

京都の観光エリアとして人気が高い河原町。今回ご紹介する「京都セントラルイン」は、河原町駅から徒歩1分の場所で45年以上運営されているビジネスホテルです。

  • 施設タイプ:ビジネスホテル
  • 客室数:138室
  • 地域:京都市河原町

こちらで副支配人として施設を管理されている鵜飼雅史さんにお話をお伺いしました。

 

競合ひしめく市場で先手を打つ手段として導入

― 施設の運営環境について教えてください。

京都全体の傾向として、インバウンド客が増えている一方で、宿泊施設の供給数も増え続けています。インバウンド客が増え始めた頃の運営環境はよかったのですが、競合施設が増えたことにより、ADRやOCCに影響が表れるようになりました。そういった背景もあり、インバウンド客の方はもちろん歓迎いたしますが、国内のお客様も変わらず大事にし続けていきたいと考えています。

 

― 『MagicPrice』導入前はどういった課題がありましたか?

料金設定の頻度が低い課題がありました。料金設定は日々適切な料金ランクを設定することが重要ですが、私も含めてスタッフは他にもやることがたくさんあるため、料金設定業務に十分な時間を割けていませんでした。当時は、数日に一度時間を割けたらいいくらいの状況でした。
それから、他のシステムを更新するタイミングで、以前から関心があったMagicPriceの導入を検討しました。競争が激しいなか、差をつけるなら早い方が良いと考えて導入に踏み切りました。

 

スタッフ全員でMagicPriceを活用

― 普段どのようにMagicPriceを活用していますか。

スタッフ全員で毎日活用しています。MagicPriceが推奨する料金ランクをできる限り信じて設定する方針で運用しています。以前、推奨された料金ランクに反して、高い料金ランクを設定してみたところ、在庫が余ってしまったことがありました。それ以来、できる限り推奨される料金ランクをそのまま設定するようにしています。

 

料金設定の頻度を改善し、機会損失を防ぐ

― 特に気に入っているところと、実際にどのような効果を感じているか教えてください。

MagicPriceを導入後、料金設定業務を毎日行うようになりました。これまでは数日に一度実施できればいい方だったので、かなり改善されています。その分、機会損失も最小限に抑えられているのではないかと思います。
また、MagicPriceは非常に簡単に使えるのが良いと思います。他社のツールのなかには操作が面倒なものもありますが、MagicPriceであれば料金更新も1クリックで終わります。

 

― サポートについて、ご感想はありますか?

非常にタイムリーに対応いただいています。こちらの問い合わせに対して、現状のMagicPriceでは実現できない場合でも、社内で開発を検討いただき、その予定も共有いただいています。

 

― MagicPriceへの期待と今後の抱負を教えてください。

京都セントラルインは「暖かみ」にこだわっているホテルです。ITツール自体は好きですし、今後もどんどん活用していきたいです。ただ、そのデジタルな部分をお客様に見せる必要はありません。裏側はITツールで極限まで効率化しながらも、生まれた余剰リソースをお客様に投資することで、暖かみのあるホテル運営にこだわっていきたいです。そのなかで、MagicPriceには業務効率化だけでなく売上最大化にも貢献する役割を期待しています。

 

 

 

カスタマーサクセスチーム 松葉のコメント
阪急河原町から徒歩1分、バス停目の前のアクセス抜群!!
アットホームでとても快適なビジネスホテルの京都セントラルインさん。フロントのメンバー皆さまでMagicPriceをご利用いただき業務効率化、標準化を実現されていらっしゃいます。引き続き売上向上と業務効率を目指してご支援できればと思います!

 
Pocket