5月 01

センターホテル成田「経営トップと現場をつなぐ」

『MagicPrice』をどのようにご活用されているのか、お客様へのインタビュー第四弾。ご協力いただいたのは
平山建設株式会社 代表取締役の平山さんと、センターホテル成田総支配人の石原さんです。

センターホテル成田では『MagicPrice』をどのように利用し、ホテル経営に活かしているのでしょうか。

センターホテル成田について

平山建設株式会社が手掛ける成田駅近のビジネスホテルです。
成田の伝統的な街を楽しむためのおもてなしとサービスが好評でリピータが多く利用されています。
2000年にセンターホテル成田が開業し、2018年4月にセンターホテル成田2 R51がオープンしました。
また2019年にはセンターホテル成田3が開業予定となります。

平山建設株式会社 代表取締役 平山氏

2018年春にセンターホテル成田2 R51をオープン

― どのような想いでホテル事業をはじめたのですか。

平山さん:明治34年創業の平山建設4代目として地域密着で戸建てから商業施設、産業施設、公共施設を手がけています。私どもは「ふるさとづくり、街づくり、建物づくり」とよく言いますが、建物を通してふるさと作りに繋げられるように、 ホテルだけではなく、街のニーズと適合するかたちで作っていきたいと考えています。

成田の街と共存するホテルというコンセプトで2000年にセンターホテル成田はオープンし、
この春センターホテル2 R51がオープンいたしました。
おかげさまでセンターホテル成田はリピーターのお客様が多くご利用いただいています。

また、スタッフ同士が改善ノートに気づいたことを情報共有し、接客や業務の改善を繰り返しています。
伝統的な成田の街に合ったオペレーションができるように尽力しています。― 『MagicPrice』を知った経緯と導入のきっかけを教えてください。

平山さん:ニュースで知りました。もともと、学生時代にアメリカ留学を経験したこともあり、
最先端のテクノロジーや技術を取り入れるのがとても好きなんですね。

とある日、弊社の課長が「社長、面白いものがありますよ」と日経新聞の記事をもってきたんです。
その場ですぐ登録をし、見てみるとこれは面白そうだと思いました。

― 初めて『MagicPrice』を見たときにどう思いましたか?

平山さん:パパっと一目で見れるのが良いと思いました。ITの良さはトップとスタッフとの距離を縮めるものだと思っています。スタッフがどう動いているか、いかに短い時間の中で現場を知るためにITを使うか、現場を知らないと指示や方針を出せません。MagicPriceは、一目でわかるので、現場とのコミュニケーションを円滑にしてくれています。

トップとスタッフの距離を縮める『MagicPrice』

― 平山社長は今までどのようにホテルの数字やデータを把握されていたのですか?

平山さん:今までは後追いの数字だけでした。他のサービスも見てみましたが機能はたくさんあるけど、
時間がなく活用しきれない。『MagicPrice』はマネジメント側が見るサービスとして、わかりやすく良い入口になっています。『MagicPrice』をきっかけに宿泊予約サービスのデータを見始めたら周辺の動向もわかるようになりました。

― 普段どのように『MagicPrice』を利用されていますか?

平山さん:まずは「自社のポジションを知る」で周辺の立ち位置を確認してから順に見ていきます。
特に「予約ペースを見る」、これは参考になります。成田エリアはリードタイムがとても短く、直前の2週間で急に予約が入ります。ここまで視覚化されたデータは初めて見ました。非常に分かりやすいですね。
また、『MagicPrice』の要注目な日をもとに、宿泊予約サービスのデータを確認し現場に指示ができるようになりました。

石原さん:「要注目な日」を発見した後は、予約サイトの料金を確認すると、周りの料金が高い日もあれば、逆に周りが料金を下げていて、自施設の料金が高止まりしていることを知ることができます。

例えば高需要な日に予約の入れ込みが悪くても、もう少し待ってこのままの料金でいこうと意思決定をします。

センターホテル成田 総支配人 石原氏

瞬時に周辺情報のデータが見れる

― 『MagicPrice』を導入して変わったことを教えてください。

石原さん:『MagicPrice』は瞬時にデータを見れるので、とても分かりやすく、周辺情報を細かくチェックすることが少なくなりましたね。

― 最後に今後の展望を教えてください。

平山さん:基本は成田になくてはならない会社を目指していきたいと思います。
「ふるさとづくり、街づくり、建物づくり」という方針でやっていきたいと考えています。

インタビューは以上です。
インタビュー中も、ホテルのスタッフがオープンに向けシュミレーショントレーニングを行っていました、
スタッフ一人、一人に社長である平山社長の思いが伝わっているのだと感じました。成田の伝統の街を楽しめるホテル、ぜひ皆さまも体験してみてください。

平山さん、石原さんご協力誠にありがとうございました。

左:岡野 中央:平山氏 右:石原氏

Pocket