ブログ
2月 18

レベニューマネジメントに競合料金は必要?競合施設の選び方を紹介

 

レベニューマネジメントの計画段階で重要な競合施設の選定についてご紹介します。

レベニューマネジメントにおいて、競合施設の選定はなぜ重要なのか。
それは、ホテルビジネスの特性上、競合する施設同士の料金や予約状況は影響し合っているからです。

競合施設を適切に選べば、市場分析がスムーズに、そして効果的になります。ただし気にし過ぎるのも注意が必要です。

適切な競合施設の選び方

競合施設の理想条件は、旅行者があなたの施設と比べるような施設であることです。

競合施設を選定する際は、

  • 現場の肌感で選定する
  • ゲストに直接聞いてみる
  • OTAで自施設と似たような条件で検索してみる

といった方法が考えられます。支配人なのか、本部勤務なのかによってとれる手法は異なります。

OTAでは、以下のような条件で施設を絞り込むことで近い結果を得ることができるでしょう。

  • 距離が近い施設、同エリアに存在する施設
  • ホテルタイプ(ビジネスホテル、シティホテルなど)が近い施設
  • 価格帯が近い施設
  • ホテルの口コミや予約サイトの関連施設情報が近い施設

競合施設への意識はほどほどに

とはいえ、競合は競合、自社は自社です。同じ市況とはいえ、異なるハードウェアとソフトウェアを備えている以上、ゲストがホテルに感じる価値は想像以上に繊細で環境によって異なるものです。

自施設の提供価値をしっかりと理解した上で、競合施設の値下げに都度対抗することは望ましいやり方とはいえません。価値に対する適切なプライシングを意識しましょう。

Pocket