ホテルの市場分析なら
MagicPriceライトプラン

(旧ホテル番付)
周辺ホテルの客室料金や販売室数など、毎日の気になる情報をあなたの代わりに自動で分析。需要の大きさを予測し、客室料金を見直すべき日を発見できます。

MagicPriceで、クイックにお悩み解決

  • 1

    周辺ホテルの情報が一目でわかる

    情報を集めるために、あなたの貴重な時間を使う必要はありません。MagicPriceが代わりに情報を集めて表示します。レベニューマネジメントに掛かる時間を短縮して、より良い成果を上げることができます。

  • 2

    料金設定を見直すべき日がすぐみつかる

    ホテルの販売状況が好調な日、不調な日はどこなのか。料金は高すぎたり低すぎたりしていないか。比較したい宿泊施設を選べばすぐに、シンプルで分かりやすいグラフで、経営チェックをスタートできます。

  • 3

    誰でも、どこでも、簡単に使える

    インターネット上で使うサービスなので、パソコンが重くなるようなダウンロードは必要ありません。簡単に操作でき、どなたでも安心してご利用いただけます。

エリアの需要を知る

「予約ペースをみる」機能では、周辺施設の残り在庫数が簡単にわかります。つまり、予約ペースが高まっている日を簡単にみつけることができ、「正しい時」に「正しい料金」で客室の提供がしやすくなります。

たとえば、周辺施設の在庫数がとても少ない時は、多くのお客様がお部屋を探している可能性があるので、少し価格を上げても予約が入ります。

突発的な需要の変化にも気が付きやすくなるので、あとから「料金調整を見誤った」ということを事前に防ぐことができます。

料金調整の成績を見る

「平均価格と稼働率のバランス」をみる機能では、競合ホテルをと比べた時の平均値を100と置き、偏差値のように稼働率と価格設定の成績を知ることができます。

たとえば、競合と比べて自社の稼働率スコアが高く、価格スコアが低ければ、室料を安売りしすぎている可能性があります。

そういった場合は、価格を少し吊り上げるなどして、自社のパフォーマンスを上げる判断ができます。

競合の売上傾向を知る

「競合全体の売上傾向を知る」機能では、日ごとの競合の売り上げ予想を元に、自社の成績がマーケット需要と乖離していないかどうかを知ることができます。

たとえば、競合全体の売り上げが高く出ている日に自社の総合スコアが低ければ、価格調整を見直す合図かもしれません。

改善チャンスの兆候が見えたときに素早く行動することで、価格調整のミスを減らしたり、予期できなかった需要の変化に対応することができます。

その他の機能

MagicPriceライトプランには、その他にも役に立つ機能がいくつかあります。

・競合の料金を調べる
・順調な日、不調な日を発見する
・周辺で開催予定のイベントを知る

多すぎるデータは逆に判断を鈍らせたり、余計な手間をかける原因になります。「必要なデータ」だけを「簡単に」見ることができるのが、MagicPriceライトプランの特徴です。

28日間、MagicPriceライトプランのすべての機能が試せる

まずは無料体験

*MagicPriceライトプランは、(旧)ホテル番付から名称が変更になりました

料金・プラン

ライトプラン(12ヶ月)

  • 初期費用 50,000円/月
  • 基本料金 8,000円/月
  • 室数料金 1~200室まで 200円/室/月
    201室~ 100円/室/月
  • 利用内容 ・MagicPriceライトプランのすべての機能
    ・チャットでのサポート
  • 備考 ・表示金額は税別です。また、請求書の郵送が必要な場合、1通につき500円の手数料がかかります。
    ・室数料金は、施設の室数を10室単位で切り上げて計算します。

ご導入の流れ

まずは無料で28日間

MagicPriceライトプランの便利な機能をお試しください。

まずは無料体験

よくあるご質問