10月 31

【イベントレポート】これからのホテル運営を語り合う会

9月26日(木)に、MagicPriceをご利用いただいている10名の方にお集まりいただき、「レベニューサイクルマネジメント勉強会」を開催しました。
本テーマの勉強会は、初めての試みです!

この記事では、会の内容や様子、ご参加いただいた方の感想などをレポートいたします。

 

どんな勉強会?

勉強会のテーマは、「レベニューサイクルマネジメント(継続的に利益を生み出す仕組みを作る)」。

主に、以下2つの内容を行いました。
(1)レベニューサイクルマネジメントについて、各自の取り組みを共有する
(2)共有を受けて、今後の自身の取り組みを検討する

※「レベニューマネジメント」じゃなくて「レベニューサイクルマネジメント」とは・・!?
詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

そもそも、なぜ勉強会を?

「レベニューサイクルマネジメント」の実行のためには、MagicPriceをアップデートしていくことが必要です。(弊社開発メンバーが、日々改善に努めています!)

もう一方で、ツールだけでなく、生産性の高い働き方、教育や組織作り、ホテルのブランディング等、レベニューサイクルマネジメントを実践するためのノウハウも必要です。
この部分に関しては、ホテルで働いていらっしゃる皆様が日々経験して考え、磨いている領域です。
経験やノウハウを、ホテルで働く皆様が共有しあう場があれば、ホテル業界全体のレベニューサイクルマネジメントの実行スピードが高まると考え、今回の勉強会の開催に至りました。

勉強会の冒頭では、松村から勉強会の趣旨をご説明。
「ホテル業界を最も先進的で幸せな業界の一つにする」という想いは、弊社の根底にあるものです。

 

勉強会の詳細は?

勉強会には、10名の方にお集まりいただきました。
支配人、レベニューマネージャー、本部で複数施設のレベニューマネジメントを管理される方など、従事されていらっしゃる内容はさまざま。
そして、ラグジュアリーホテル、シティホテル、ビジネスホテルと、ホテルのタイプもさまざま。
開催場所は大阪でしたが、岡山、鳥取、静岡など、関西エリア以外の方にも足を伸ばしていただきました。(遠いところありがとうございました!)

このうち4名の方から、「生産性」「再現性」「ホテル価値」のテーマに沿って、各施設での取組み内容について共有いただきました。

 

例えば・・・

「生産性」

  • 日々のレベニューマネジメントを効率化するためのPC設定
  • 自施設の宿泊需要に影響する情報を取得するために、各自のスマホに設定していること

 

「再現性」

  • レベニューマネジメントのマニュアルを作成し、スタッフ間の対応を平準化
  • 担当施設間の情報共有により、チームでの業務推進体制をつくる
  • スタッフ教育の際、得意分野や特性にあわせて教育体制を組む。
    例えば・・【レベニューマネジメントの興味度合い】×【PC操作の得意度】×【数字への強さ】の軸でスタッフの特性を把握し、相互に特性を補完するようにペアを組むなど。

 

「ホテル価値」

  • コンセプトに基づいて全ての施策を考えることの必要性
  • スタッフがコンセプトに基づいて判断・行動するような働きかけ

 

4名の方から事例共有をいただいた後は、それらの内容を踏まえて、自施設で今後どのような取組をするか考え、近くの方に宣言し、会を終了いたしました。

勉強会後のアンケートでは、
「日頃は聞けない話が聞け、とても勉強になった。」
「刺激になる」
「また参加したい」
といった感想を頂戴しました。

ご業務、エリア、ホテルのタイプが様々な方にお集まりいただいたからこそ、普段とは異なる視点で、ご業務を見つめ直す機会としていただけたかと思います。

 

今後の勉強会は・・・?

皆様のレベニューサイクルマネジメントがスムーズに進むべく、継続的にノウハウをインプット・ブラッシュアップする場でありたいと考えています。

11月中旬〜12月に、東京・大阪それぞれで勉強会(イベント)を開催する予定ですので、是非お越しくださいませ!

Pocket